足立区 エンジン修理 ダイハツ ウエイク │ 車検・修理 東京都 足立区 クリーンベース三共

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検
  • エンジン修理 ダイハツ ウエイク │ 車検・修理 東京都 足立区

エンジン修理 ダイハツ ウエイク │ 車検・修理 東京都 足立区

 東京都足立区にお住まいのお客様より、ダイハツ ウエイクのエンジン修理のご依頼

東京都足立区にお住まいのお客様より、ダイハツ ウェイクエンジン修理のご依頼をいただきました。

今回は、車検でご来店いただきました。その際にお客様より、エンジンから「キュルキュル」と異音が鳴るとご相談。原因を調べてみるとエンジンファンベルトに緩み、劣化があることがわかりました。ファンベルトとは、エンジンの動力をオルタネータ、ウォーターポンプ、エアコンコンプレッサーなどへ伝えて駆動させるためのベルトです。このファンベルトが切れてしまうと、オーバーヒートなど車が走行中に動かなくなってしまう可能性があり、とても危険です。エンジンから異音がした場合はすぐに修理にだされることをおススメいたします。

 エンジンからの異音の種類

今回は「カラカラ」という異音が鳴ったとのことでしたが、他にどのような異音が鳴り、どういった原因が考えられるでしょうか。

キュルキュル・カラカラという異音
これは先ほどもご紹介したように、ファンベルトが原因と考えられる異音です。ファンベルトの緩み、劣化、亀裂等の不具合があるために発生してしまいます。ファンベルトが切れてしまう前に早急に修理に出しましょう。

カリカリ・キンキン・カンカンという異音
これは冷却水不足によるオーバーヒートが起きている場合に発生する異音だと考えられます。初期の場合は「カリカリ」という音がし、「キンキン・カンカン」という音がする場合かなり症状が進行している状態です。このまま走行し続けると、最悪エンジンが焼き付き、破損してしまいます。

ガラガラという甲高い音という異音
これはエンジンを冷却するためのウォーターポンプのベアリングや、内部の部品が損傷している時に発生する異音だと考えられます。無理をすると、オーバーヒートやシャフト折れになることもあるため、安全な速度でお近くの整備工場に修理に出されることをおススメいたします。

 ファンベルトを交換いたしました

新しいファンベルトに交換し、異音がでないことを確認し完了です。

ちょうど車検だったので早めに修理が出来て良かったです。これで安心してカーライフを過ごしていただけますね。ご依頼ありがとうございました。また何かございましたらいつでもお気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検の担当(プロ整備士)が、
お電話ならその場で、メールなら1営業日以内にお返事いたします。

東京都足立区にあるクリーンベース三共は、創業70年以上の老舗整備工場。累計実績台数は7.2万台と地域トップクラス。車の町医者として車検や板金塗装(キズ・ヘコミ修理)から自動車販売まで幅広く対応いたします。車のことなら何でもお気軽にご相談ください。国産車オールメーカーから、ベンツ・BMW・アウディといった輸入車にも対応が可能。足立区を中心に、北区や江東区、荒川区からもお越しいただいてます。

TEL:03-3896-6000

無料見積もりはこちら

車検の他のページ

カートに
入れる
気になる