足立区 東京都足立区 車整備│ベンツ 輸入車 オイル漏れ クリーンベース三共

サブページメイン画像

  • HOME
  • その他
  • 東京都足立区 車修理│ベンツ 輸入車 オイル漏れ

東京都足立区 車修理│ベンツ 輸入車 オイル漏れ

 東京都足立区にお住まいのお客様よりベンツオイル漏れ修理のご依頼

東京都足立区にお住まいのお客様よりベンツオイル漏れ修理のご依頼をいただきました。

「オイルって漏れ?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。エンジンオイルが何らかの理由でエンジン内部、もしくはエンジン外部に漏れ出てしまうことをオイル漏れと言います。今回は、駐車時にエンジンオイルが車の下に水たまりのように漏れ出してしまったとのことでご相談いただきました。車から漏れ出す恐れのある液体にはいくつか種類があるのですが、色が黒く焦げたニオイがする場合はエンジンオイルの可能性が高いので、すぐに修理に出すことをおススメいたします。

クリーンベース三共では、国産車からベンツをはじめとした、BMW・アウディなどの輸入車まで幅広く対応。他店で断られてしまった輸入車の修理もお任せください。車のプロが丁寧に対応いたします。

 オイル漏れの原因は?

今回、オイル漏れになった原因が、ガスケットの劣化でした。

ガスケットとはエンジンを構成する部品の1つです。接合部の隙間を埋めて、部品間を流れる気体や液体が漏れない役割があります。また、外部からの異物の混入も防いでいます。このガスケットの経年劣化により、隙間を埋める機能が低下し、エンジンオイル漏れにつながりました。

 オイル漏れを放っておくとどうなる?

エンジンオイル漏れを放っておくとどうなるのでしょうか?

エンジン内部を潤滑すべきエンジンオイルが不足した状態で走行すると、エンジンへの負担が大きくなり、焼き付きと呼ばれる大きな故障の原因になります。焼き付きは、エンジン内部のシリンダーとピストンの間に油膜がない状態で金属同士の摩擦が発生し、金属が溶けるほどの高熱が生じ、シリンダーやピストンに傷が入ることを言います。エンジンが急停止してまうこともあるので、かなり危険です。大きな事故に繋がる前に、エンジンオイル漏れは放っておかず、オイル漏れを発見したらすぐに修理に出すことが大切です。

 【WAKO’S】EPS エンジンパワーシールドオイルを使用

今回、オイル漏れとオイル上がり・オイル下がりを防止するために、WAKO’SのEPS エンジンパワーシールドを使用いたしました。

オイル漏れを防止する実績ある膨張剤と合わせて、エンジンに使用されるシール材の変化に対応するために、摺動部分の油膜増加に有効なダイラタント流体ポリマーを採用。オイル漏れとオイル上がり・オイル下がりを防止します。定評あるリキッドセラミックステクノロジーを採用することで潤滑性をはじめとするオイル性能全体を向上させます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検の担当(プロ整備士)が、
お電話ならその場で、メールなら1営業日以内にお返事いたします。

東京都足立区にあるクリーンベース三共は、創業70年以上の老舗整備工場。累計実績台数は7.2万台と地域トップクラス。車の町医者として車検や板金塗装(キズ・ヘコミ修理)から自動車販売まで幅広く対応いたします。車のことなら何でもお気軽にご相談ください。国産車オールメーカーから、ベンツ・BMW・アウディといった輸入車にも対応が可能。足立区を中心に、北区や江東区、荒川区からもお越しいただいてます。

03-3896-6000

無料見積もりはこちら

カートに
入れる
気になる