足立区 ラジエーター交換 スズキ スペーシア │ 車修理 東京都 足立区 クリーンベース三共

サブページメイン画像

  • HOME
  • その他
  • ラジエーター交換 スズキ スペーシア │ 車修理 東京都 足立区

ラジエーター交換 スズキ スペーシア │ 車修理 東京都 足立区

 東京都足立区にお住まいのお客様より、スズキ スペーシアラジエーター交換のご依頼

東京都足立区にお住まいのお客様より、スズキ スペーシアラジエーター交換のご依頼をいただきました。

今回は、「アクセルを踏んだ時に変な音がしたり、水温系がHやCにふれたりする。」とのことでご来店されました。この症状はラジエーターが故障してオーバーヒートしている状態です。もし同じような症状がある場合は、安全な場所に移動してエンジンを停止させてください。そのまま走行するとエンジンに深刻なダメージを負ってしまいます。

水温計がCにふれている場合、ラジエーターの破損による水漏れが考えられます。水漏れの場合だと冷却水が不足している状態なので、応急処置としてミネラルウォーターなどを補充し、その後は修理に出すことが大切です。

 ラジエーターが故障する原因は?

ラジエーターが破損してしまう原因の一つとして、ラジエーター本体ラジエーターホースの破損したことによる水漏れです。

破損の原因は、経年劣化や水などの腐食、事故などが考えられます。内部をつまらす要因として、クーラントの固形化、水垢やサビなどが挙げられます。ラジエーターキャップの不良エア抜きが不十分な場合も故障の原因になります。

 ラジエーターの故障を防ぐために

ラジエーターの故障を防ぐためにどうすればいいか、ご紹介していきます。

1つ目は、LLCの定期交換。
ラジエーターの寿命は10年程度と言われているので、早急に破損することはないですが、中に入れて使うLLCなどの冷却水は2年程度が寿命なので、定期的に交換する必要があります。冷却水の劣化自体がラジエーター本体の故障につながることもあるので、日頃から冷却水を点検しておくことが必要です。

2つ目は、ラジエーターキャップの交換
ラジエーター関連の部品でもっとも劣化しやすいのが、キャップ。ラジエーターキャップが劣化すると冷却効果が低減し、水温系がHに近くなる、温度が高くなるので5年を目安に交換する必要があります。

 ラジエーターを交換し、作業完了

ラジエーター交換作業が完了いたしました。アクセルを踏んだ時の異音、水温計が正常になっていることを確認し、お客様にお渡しいたしました。これで安心してカーライフを過ごしていただけますね。ありがとうございました。また何かございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検の担当(プロ整備士)が、
お電話ならその場で、メールなら1営業日以内にお返事いたします。

東京都足立区にあるクリーンベース三共は、創業70年以上の老舗整備工場。累計実績台数は7.2万台と地域トップクラス。車の町医者として車検や板金塗装(キズ・ヘコミ修理)から自動車販売まで幅広く対応いたします。車のことなら何でもお気軽にご相談ください。国産車オールメーカーから、ベンツ・BMW・アウディといった輸入車にも対応が可能。足立区を中心に、北区や江東区、荒川区からもお越しいただいてます。

TEL:03-3896-6000

無料見積もりはこちら

カートに
入れる
気になる