足立区 東京都足立区 板金塗装│バッテリー交換 クリーンベース三共

サブページメイン画像

  • HOME
  • その他
  • 東京都足立区 板金塗装│バッテリー交換

東京都足立区 車修理│バッテリー交換

 バッテリー交換についてご説明

バッテリー交換について詳しくご説明いたします。バッテリーを交換するとどのようなメリットがあるのかご存知でしょうか?

バッテリーは新しいものに交換すれば、エンジンがかかりやすくなったりライトが明るくなります。アクセル踏んだ時の反応も良くなるので、快適に運転できるようになります。バッテリーの容量を大きくすることでもメリットが多いです。

バッテリーの交換時期ですが、一般的な車の場合は2~5年、アイドリング機能を搭載した車は2~3年、ハイブリッド車は4~5年となっています。お客様の運転状況・お車の種類に合ったバッテリーをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

 バッテリーを交換しないとどうなる?

バッテリーを交換しないとどうなってしまうのでしょうか?

よくある初期症状は「ヘッドライトが暗い」「エアコンが効かない」などです。そのままバッテリーを交換せず放置すると、バッテリーの電力が徐々に無くなり、更に使い続けると完全にバッテリー内の電力が無くなります。バッテリー上がりが起きるとエンジンをかけることができなくなり、車を動かすことができません。遠出などをしている時にバッテリーが無くなってしまうと大変ですよね。空になるまえに必ず交換するようにしましょう。

 バッテリーを長く保つためには?

「バッテリーをできるだけ長持ちさせたい…。」そう思われている方も多いのではないでしょうか。そんなバッテリーを長持ちさせるための方法をいくつかご紹介していきます。

【少し長めにアイドリングさせる】
実はアイドリング状態に、充電も一緒に行われているんです。頻繁に車を運転される方は走行するだけで十分なのですが、毎日少ししか乗らない人は、充電よりも使う電気のほうが多くなりやすいです。毎日長時間車に乗らないという人こそ、アイドリング状態を長めにとるのがおススメです。ただし、あまり長くアイドリングさせるのは環境のためにもよくないので、いつもより2~5分程度、少し長めにアイドリングさせてください。

【夜間の走行を控える】
夜間や早朝など、周りが暗いときの走行はライトが点灯すると思うのですが、そうすると自然にバッテリーから電気を使うことになります。夜間の走行頻度を少なくすることで、ライトを使用する機会が減るのでバッテリーの負担を減らすことができるんです。

【定期的に運転する】
「久しぶりに車を運転しようと思ったら、エンジンがかからなかった」というお声をよく耳にします。これはいわゆるバッテリー上がりです。使っていない間も少しずつ放電されていて、そのまま完全に充電がなくなってしまった状態を指します。バッテリー上がりを防ぐためにも定期的に運転することをおススメいたします。

 バッテリー交換時期

バッテリーの交換時期はご存じでしょうか?

車の使用頻度車の劣化具合使用しているバッテリーのメーカー製品の種類などにより異なりますが、目安は2~3年と言われています。「長らく交換していないかも…」という方は、車に不調が出る前に交換してくださいね。

 バッテリー交換後のリセット

アイドリングストップシステム装備車は、バッテリー交換後にバッテリー電流積算値などのリセットが必要です。リセットをしないとアイドリングストップシステムが正常に作動しない場合があるためです。

-----車種の例をご紹介-----
【トヨタ・レクサス】
カローラアクシオ・ヴィッツ・アルファードなど

【日産】
ノート・エクストレイル・セレナなど

【ホンダ】
N-BOX・フィット・ステップワゴンなど

【マツダ】
デミオ・アテンザ・X-5 など

現状、三菱・スバル・ダイハツ・スズキは不要です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検の担当(プロ整備士)が、
お電話ならその場で、メールなら1営業日以内にお返事いたします。

東京都足立区にあるクリーンベース三共は、創業70年以上の老舗整備工場。累計実績台数は7.2万台と地域トップクラス。車の町医者として車検や板金塗装(キズ・ヘコミ修理)から自動車販売まで幅広く対応いたします。車のことなら何でもお気軽にご相談ください。国産車オールメーカーから、ベンツ・BMW・アウディといった輸入車にも対応が可能。足立区を中心に、北区や江東区、荒川区からもお越しいただいてます。

TEL:03-3896-6000

無料見積もりはこちら

カートに
入れる
気になる