足立区 フロントガラス交換 スバル レガシー|車修理 東京都 足立区 クリーンベース三共

サブページメイン画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • フロントガラス交換 スバル レガシー|車修理 東京都 足立区

フロントガラス交換 スバル レガシー|車修理 東京都 足立区

 東京都足立区にお住まいのお客様より、スバル レガシーフロントガラス交換のご依頼

東京都足立区にお住まいのお客様より、スバル レガシーフロントガラス交換のご依頼です。

高速道路を走行中に、前の車からの飛び石によりフロントガラスにキズがついてしまいました。新しい車なのにフロントガラスにキズがついてしまい、お客様より、「見た目も安全面も気になるので、すぐに直してほしい。」とお伺いいたしました。フロント部分のキズは目立つのですぐに直したいですよね。新しく買ったお車ということもあるので、コストもできるだけ抑えて修理いたしました。

今回、500円玉以上のキズがあったので交換修理になりました。キズが大きいと交換になるのですが、500円玉サイズ以下の小さいキズの場合はリペアが可能なケースが多いです。

 フロントガラスにキズがついてしまう原因は?

フロントガラスキズがついてしまう原因は、どんなことがあげられるでしょうか。

今回のように、飛び石フロントガラスがキズついてしまうことはよくあります。今回は高速道路での飛び石によるキズでしたが、一般道でも走行環境によっては飛び石が発生することもあります。飛び石は他の車が跳ね上げられるため、飛び石自体を防ぐことはできないのですが、車間距離をとって走行することで、少しでも飛び石が当たることから避けることができます。

次に熱によるひび割れです。真冬に車に乗ろうとしたら、フロントガラスが凍っていた。という経験をされた方も多いのではないでしょうか。急いでいるとついつい熱湯をかけてしまいがちですが、これをしてしまうと熱衝撃でフロントガラスがひび割れてしまうことがあります。市販の解氷スプレーをしたり、中から温めることをおススメいたします。どうしてもという場合はぬるま湯で対応しましょう。

小キズを防ぐためにはガラスコーティングが効果的です。ガラスコーティングは効果が長期間長持ちし、酸性雨や紫外線、紫外線や鞄などの擦れで生じる小キズを防ぐことができます。汚れも落ちやすく、洗車が楽になるメリットもあります。

 フロントガラス修理か交換はどうやって判断する?

フロントガラス修理か交換は、キズの大きさ、場所によって異なります。

キズや割れの大きさが500円玉程度約2.5cmを超える場合は交換となるケースが多いです。現在の車だと硬貨の大きさ程度のひび割れやキズでは、即座に飛散することはないですが、修理に出すまでの走行時は、テープなどで応急処置を行うことをおススメいたします。

キズの場所は、中央付近ではなくフロントガラスの端キズや割れができた場合は、大きさにかかわらず交換が必要になります。フロントガラスの端は路面からの振動が伝わりやすく、ヒビやキズが広がってガラスが砕けてしまう可能性があるので、できるだけ早く修理に出すことが必要です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  車検の担当(プロ整備士)が、
お電話ならその場で、メールなら1営業日以内にお返事いたします。

東京都足立区にあるクリーンベース三共は、創業70年以上の老舗整備工場。累計実績台数は7.2万台と地域トップクラス。車の町医者として車検や板金塗装(キズ・ヘコミ修理)から自動車販売まで幅広く対応いたします。車のことなら何でもお気軽にご相談ください。国産車オールメーカーから、ベンツ・BMW・アウディといった輸入車にも対応が可能。足立区を中心に、北区や江東区、荒川区からもお越しいただいてます。

TEL:03-3896-6000

無料見積もりはこちら

板金塗装の他のページ

カートに
入れる
気になる